アメリカ健康ジャーナル

ミシガンに住んで二十余年。「心と体の健康」を綴るヘルシーライフスタイル工房へようこそ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い時代に生きる人々:アーミッシュ・ミノナイト

みなさん、こんにちは@^^@みどりです!
アメリカって世界中からの移民が住んでいますよね。
原住民のネイティブインディアンを除けば、
イギリス、フランス、ドイツ、スイス、イタリア、中国、日本・・・
その中の民族でも、アメリカという大陸に住みながらも
自分たちの思想とライフスタイルを貫く人たちがいるんですよ。


すでに、ご存知の方も多いでしょうが、
Amish(アーミッシュ)とMennonitest(ミノナイト)と呼ばれる
人たちの集団が主にそのグループに属します。


ちょっと、ご紹介しちゃいましょうかね?!




august5+044_convert_20100816015938.jpg


時をさかのぼること、1525年のヨーロッパ。
アナバプテスト(Anabaptists)と呼ばれる
プロテスタントの大革命が起こったんですよね。


1536年のこと、クリスチャンとしての基本的な愛と平和の教えを
守ろうとするグループは、カソリックの神父、ミノ・サイモン
(Menno Simon)をリーダーに、この宗教的な弾圧から逃れます。
このグループをメノナイトと呼ぶようになったんですよ。



さらに時が過ぎ、1693年のこと。
メノナイトからさらに厳しい定めをおくキリスト教の団体が、
メノナイトのリーダであったジェコブ・アマン(Jacob Amman)
により、新しい一派を作ります。
このグループをアーミッシュと呼ぶようになったんです。


現在、スイスやドイツをルーツとする、この二つのグループは、
ペンシルベニア州、オハイオ州、インディアナ州、カナダなどに
住んでいます。







august5+045_convert_20100816020024.jpg


上の歴史から見ても明らかなように、アーミッシュの規律は、
メノナイトと比較するとかなり厳しいもの。
メノナイトが普通の洋服着用の自由を許されているに対して、
アーミッシュは規定が厳しいんです。
聖書を確実に守るために、あらゆる快楽からの堕落を防ごうと
しているんですね。



ほらぁ~上の写真のような感じです。
女性は、化粧を禁じられ、ドレスはこのようなデザインと色
からの選択です。髪の毛は長く伸ばし、後ろに束ねます。
そして、ボンネットをかぶるんですよ。


男性は、黒いズボンにシャツとズボンつり。
成人の男性はあごひげと口ひげ。そして、麦わらの帽子。


男女ともの洋服は、すべてが手縫いなんですよ!
だって、彼らの生活は1500-1600年代を守って、
電気を使っていないんです。

















august5+047_convert_20100816071525.jpg



ほらぁ~子供も大人と同様です。

シンプルです。





august5+046_convert_20100816020340.jpg

ゲームもコンピューターもありません。
おもちゃは、すべて手作りです。



子供の数が半端じゃないって?
そうなんですよ!
カソリックも同じ信仰ですが、
こちらは産児制限一切なしです。


そして、教育も小学校までが一般的。
必要以上の教育は、悪を招くという信心ですね。
読むのは聖書のみ。むろん、小説や新聞も読みません。


神の教えを邪魔するものは、すべてカットなんですね。
生活全般をシンプルに。




august5+048_convert_20100816020703.jpg

アーミッシュ家庭の食卓は、一般のアメリカ人の
ものと変わりないですよね。

けど、よ~~~~く見てみると違いがわかるんです。

だって、電化製品が見えないでしょう?!

アメリカの台所に行くと、家電製品の山。
缶きり、ミキサー、ジューサー、ブレンダー、コーヒー、
トースター、肉きりの電動ナイフ、ワインのコルクオープナー・・・
停電があったらどうするのかなぁ?

ね^^不思議になっちゃいます。









august5+049_convert_20100816020203.jpg

アーミッシュの家は、その集落を通過するときに
一目瞭然です。家の周りに電信柱がないんですから。
もっとも、我が家にもありません。
これは、地下ケーブルであり、電気はあるケース。
けど、アーミッシュの家にはね、車もないんですよ!
(写真一番下)



この写真では、アイロンがあるでしょう?
けど、これって昔の家の展示ではなく、
現在の典型的なアーミッシュ家庭を表現しているんです。
電気のアイロンではなく、キッチンやストーブからの熱を
利用してのアイロンです。



august5+144_convert_20100816071618.jpg

アーミッシュの主な収入は、農業、木工、キルトなどが多いんです。
このインディアナ州のシプシャワナ(Shipshewana)では、観光地に
なっていることもあってか、店、レストラン、キャンプグラウンド場
などの経営にも携わっているようですね。





august5+066_convert_20100816034525.jpg

もう、おわかりですよね^^
ブログで写真掲載したアーミッシュ展示物のすべては、
こちらの博物館からのものです。
かといって、昔のものではなく、アーミッシュを
理解してもらうための「お道具」ということですが。



実は、こちら、私たちの旅行で立ち寄った博物館です。
興味があるかたは、こちらへ→ MENNO-HOF



ごめんなさぁ~い^^まだ旅行記を綴っています。




<付録>
book+001_convert_20100816045236.jpg
・アーミッシュとメノナイトに関する図書も多くあります。
・Webからのインフォメーションはこちらへ:アーミッシュ


NO!

離婚をしてはいけない。
バースコントロールをしてはいけない。
電気を使ってはいけない。
聖書以外の本を読んではいけない。
喧嘩をしてはいけない。
戦争に行ってはいけない。
規定の洋服以外は着てはいけない。
健康保険に入ってはいけない etc・・・。


YES!

平和に穏やかに生きる。
ボランティアーへの積極的参加。
人とのシェアーをする etc・・・。



アーミッシュが厳しい規律のもと集団生活をする傍ら、
ミノナイトは一般社会と溶け込んで生活をしています。
実際、ミノナイトは日本にもその人口を増やしている
ようですね。



こんなライフスタイル・・ 理解できますか?













august5+083_convert_20100816015846.jpg

Daily Bread
"Echoes of Eternity Listening to the Father"
             by Hal M. Helms


イエスは盲人の手をとって村の外に連れていかれた。
そしてその両目につばきをつけ、両手を彼にあて
「何か見るか」と聞かれた。
すると彼は、見えるようになって、
「人が見えます。木のようですが、歩いているのが
見えます」と言った。
           マルコの福音書8:23-24

(解説)
神を信じるものを見捨てません。信仰は報いられるのです。



スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

伊豆高原から♪

ポチ☆
  • posted by きゃふ 
  • URL 
  • 2010.08/15 21:35分 
  • [Edit]

博物館... 

ニーハオ!みどりさん
博物館ですか~木のオモチャの写真の
バックにコンセントがあったので変だなぁ~って
思ったんですよ~
なるほど、納得です。
アーミッシュは何かの映画で見たことがあります。
一つの信仰のスタイルとして理解していましたが
私はネットがある生活の方が好きです。
  • posted by 妈麻马骂 
  • URL 
  • 2010.08/15 21:48分 
  • [Edit]

NoTitle 

アーミッシュは映画などで知っていますが、
原始的な生き方のように見えますが、私のどこかには
あこがれのようなものもあります。
でも現代の生活に慣れてしまった私たちには、難しいかも知れませんが
精神的な部分は取り入れたい気もします^^
  • posted by 417mariyo 
  • URL 
  • 2010.08/15 22:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは~

自分の考え方に それぞれの文化、伝統は
尊重する というのはある
しかし 自分はできないと思うのもあるね
ポチっ ポチっv-155

アーミッシュの村へ 

行ったことがあります。
トムソーヤみたいな男の子が烏亀を指差して
ビックリしてました。アジア人を見るのは初めて
だったのかもしれません。
村のgroceryでお菓子を買いましたが、電気が
ないのでレジスターもレバーがついていました。
商品の品数もおそろしいほど質素・・・
写真撮りたかったけど彼らの生活を尊重するため遠慮しました。
烏亀はもう現代文化にどっぷり浸かって生活してきた
ので・・この生活は無理だろうな。
  • posted by 烏亀MIMI 
  • URL 
  • 2010.08/15 22:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

旅行記楽しく拝見しています☆

アーミッシュの村を取り上げたテレビ番組を見たことがあります。
このような博物館があるのですね。
  • posted by ひいち 
  • URL 
  • 2010.08/16 00:33分 
  • [Edit]

アーミッシュのライフスタイル 

アーミッシュのライフスタイルは全く理解できませんね。現在の世界を教えれば、アーミッシュの子供が俗世に出ることになるのではと思いますが・・・・。
この様な内容のブログいいですね。特に歴史を絡めた記事が好きなんです。ポチ!
  • posted by ふうてんの旅人 
  • URL 
  • 2010.08/16 01:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

みどりさん コンサートの告知!!!!!
ありがとうございます!!
嬉しいです!!!
ソロの部分 ほんの少ししかありませんが
とても美しい曲なので 楽しみです
モーツァルトの世界を体験しに
どうぞ多くの方が来られますように
みどりさん 感謝です

アーミッシュ・・・勉強になりました
う~ん・・

明日もどうぞお元気でv-22
  • posted by SONOMI 
  • URL 
  • 2010.08/16 06:38分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.08/16 07:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

熱帯化してる日本では、電気無しでは
確実に命を落とす人が増えますねぇヾ(´▽`;)ゝ
  • posted by 小太郎 
  • URL 
  • 2010.08/16 08:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

院時代のクラスメイトがアーミッシュの村へ行ったことがあって
その時に色々話を聞いたけど、ここまで厳しいんですねぇ。
わたしの友達はとにかくパンケーキがおいしかった!
って食べ物のことばっかり言ってたので。笑
  • posted by ちい 
  • URL 
  • 2010.08/16 08:23分 
  • [Edit]

きゃふさま 

あ!旅先からの応援ありがとうございます。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 08:58分 
  • [Edit]

妈麻马骂さま 

コンセントをみつけましたか~流石です!次の記事でご紹介しますが、この生活の良し悪しは当然あるようです。脱落する人も多いという意味です。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:01分 
  • [Edit]

417mariyoさま 

ミノナイトでしょうね、できるのは。大学にも会社にも勤める人のグループです。カナダと日本にも多くおられるようですよ。時間があったら、日本のミノナイトをリサーチする予定です。だって、この方たちは、実に穏やかな生活を好むそうです。Peace.
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:03分 
  • [Edit]

おがのぶ さま 

そそ^^尊敬する部分はありますね。けど、アーミッシュの生き方は、現代と矛盾がですぎで脱落する人が多いんです。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:05分 
  • [Edit]

烏亀MIMI さま 

この集落を観察しても矛盾は感じます。農業やキルトだけでは生きていけないんですよ。お店をやっても~それも矛盾するかもなぁ~って思います。いくらレジスターを手動にしてもね。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:08分 
  • [Edit]

ひいちさま 

TVや映画でもアーミッシュのことはとりあげていますよね。もっと彼らの文化を理解してもらおうという試みの博物館。いいですよね。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:28分 
  • [Edit]

ふうてんの旅人さま 

アーミッシュ逃げ出しますよ!時代の流れは止められませんもの。歴史お好きなんですね。実は、歴史家なんですよ^^ワタクシ。苦笑
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

びっくり仰天しちゃいました。
今の時代でもこういう集落っていうのかな?
あるのですね。
でも世の中いろんな考え方がありますものね。
今でも昔の伝統を受け継ぐってすごいことだと思います。
私だったらちょっと息苦しくて^^;
便利な生活になれているとなかなか受け入れられにくい気がしました。
ポチ☆

  • posted by ryonouske 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:31分 
  • [Edit]

SONOMIさま 

多少のことだけの応援ですが、がんばってくださいね。このような音楽家にスポットを合わせたコンサートもいいかも知れませんね。わかりやすいですもの。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:32分 
  • [Edit]

小太郎さま 

ホント~~~~そんな事故ありますたね。冷房のついていないお部屋で、熱射病でなくなったかた。電気はいいですよね!
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:34分 
  • [Edit]

ちいさま 

規律が厳しすぎるから、逃げ出す人が多いですよ。パンケーキは、自家製の粉、卵、メイプルシロップ、バターを使っておいしいでしょうね。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:36分 
  • [Edit]

ryonouskeさま 

やはり時代の流れは止められないんですよ。外からみる楽園と内部とは違うのでしょう。脱落組みも多いです。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

みどりさん キルトをしていたころに、アーミッシュキルトにすごく魅かれました
シンプルなデザインと独特な色合い
でもそれはすこいsの生活様式のことは知っていましたがキルトのすばらしさからでした
今回、みどりさんに紹介していただいて改めてその強く深いところを想っています。。
  • posted by れぃん 
  • URL 
  • 2010.08/16 09:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

自分が子供時代から比べても、今って便利、って言うより便利すぎる。
だから、うちの子供達も含め、物の大事さを分からない心が増えてると思います。
でもここまでの生活、私は無理だなぁ・・・。
  • posted by ree 
  • URL 
  • 2010.08/16 14:41分 
  • [Edit]

NoTitle 

アーミッシュの写真集を持っています。
でも陰の部分もあってこのような閉鎖的な
生活が耐えられなくて大学進学を期に村を離れる
若者もいるようです。
それから近親結婚の影響もあるとも聞きました。
理想と現実はここにもあるのですね。
  • posted by けい 
  • URL 
  • 2010.08/16 15:57分 
  • [Edit]

NoTitle 


こんにちは、えいと@です。

便利な世の中を知ってしまうと、もうもとには戻れませんよね。
昔は携帯電話なんかなくても平気だったのに、今は携帯なしでは生きていけないってう日本人、多いですし。
インターネットも今じゃなくてはならないものですよね。
現代の生活をいっさい自分たちの生活の中に取り入れないアーミッシュのこだわりはすごいなって思います。

でも…。
アラスカのフェアバンクスで、アーミッシュの布教活動の団体と同じホテルに泊まったことがあるんですよ。(姿格好ですぐにわかりますよね)
だけど…彼らはフェアバンクスまでどーやって来たの???…って思っちゃいました。
アラスカの北の方ですよ? 北極圏のちょいと下。
馬車? 無理でしょ~~~?
…ってことは飛行機を利用してるってことなのかな~って思っちゃいました。(笑)

   えいと@

  • posted by えいと@ 
  • URL 
  • 2010.08/16 17:00分 
  • [Edit]

NoTitle 

久しぶりのお邪魔ですぅ。。。
こんな生活をおくってはみたい。と 思います。でも、実際には無理ですねぇ。。。情報化社会の真っ只中の業種ですから、、、今更 転職は厳しいし、、、でも、人を育てるには いい環境だと思います。
  • posted by ラッキー 
  • URL 
  • 2010.08/16 20:01分 
  • [Edit]

れぃんさま 

キルトお好きでしたか?!キルトだけを撮影したものが何枚もあります。確かに、アーミッシュの歴史とキルトと考えると、意味が深くなりますよね。時をみて、写真をUPしますね。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 22:32分 
  • [Edit]

reeさま 

こんな生活は、子供のころからしていないと、無理でしょうね。電気がない生活。考えられません。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 22:34分 
  • [Edit]

けいさま 

影の話があるなんてもんじゃないですよ!私の記事には、書きたくないので避けましたが、どの世界にも裏話というものはつき物ですね。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 22:36分 
  • [Edit]

えいと@さま 

ミノナイトとアーミッシュは、洋服が似ているんですよね。どちらだったのかしら?本当ね~どうやって、アラスカまでいけるんだろう?彼らはね、ボランティアーには積極的に参加するんです。それでバスとかかしらね???馬車ではないですよね^^;
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 22:38分 
  • [Edit]

ラッキーさま 

でもね~アーミッシュって建築するんですよ!自力で、みんなで助け合って素晴らしい木造建築を立てます。ここでお仕事できるかもです^^v
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/16 22:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

冷蔵庫もないんですよね~
すごいな!食事はそのときそのときに調達するんで
しょうね~ある意味健康的なんだろうな~
精神にも健全なんでしょうね~

健康保険もだめなんですね~
すごい!!
  • posted by 娘3人のパパ 
  • URL 
  • 2010.08/18 02:46分 
  • [Edit]

娘3人のパパさま 

ねぇ~冷蔵庫もない生活。いまさら考えられませんよね。ところが、人は「ない」とわかると、きちんとオーガナイズしていくのでしょうか。食品の保存法をつかうんですよ。成人病は少ないですよ。けど、病気にはなります。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/18 07:39分 
  • [Edit]

プレイン ピープル 

 初めまして、キアラです。
偶然にも、今日、アーミッシュの本を注文したばかりでなんです。

 私はローマカトリック教徒なんですけど、アーミッシュの暮らしにとても憧れています。暮らしというか、クリスチャンとしての信仰の面においても・・・。

信仰を「生きる」・・・わかってはいるけれど、実行しているかといえば、うぅ・・と、心が痛くなる日々・・・。

 エコライフや家族との関わり、色々な面で学ぶことが多いと感じています。
  • posted by アシジのキアラ 
  • URL 
  • 2010.08/30 02:46分 
  • [Edit]

アシジのキアラさま 

はじめまして♪
カソリックの方ですか。偶然にも、昨日もアーミッシュ&ミノナイトの地区へ行っていました。アーミッシュはスト陸と過ぎますが、ミノナイトは私も賛同します。「平和主義者」なんですよ!チャンスがあれば、教会にも伺ってみたいですね。次の記事でご紹介しますよ。また、おいでくださいね。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2010.08/30 08:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

みどり    greensmoothie

Author:みどり    greensmoothie
ミシガン州在住、アメリカ人の夫と娘の3人家族。
心と体の健康、聖書日めくりカレンダー、自然食、街、ガーデニング、イベント、ハンドメイドクラフト、友人や家族のことなどを綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

ミシガン州の時間

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。