アメリカ健康ジャーナル

ミシガンに住んで二十余年。「心と体の健康」を綴るヘルシーライフスタイル工房へようこそ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1986年のアメリカンスクール入学希望?!

ちょっと問題になったのは、
        
          昨日のこの写真。





    DSC04229_convert_20100411081451.jpg




説明不足で申しわけない。
実は、この古い建物。教会ではなくて
小学1年生から中学2年生を収容する学校
として半世紀以上も使われていたものだ。
今は、歴史保存の為、市内の公園に展示
されている。




     DSC04248_convert_20100412084214.jpg


冒頭の「問題」というのは、この学校の建物に
埋め込まれていた銅版の数字だった。



   1883年




何気なく撮影した銅版だったが、家で写真の
整理をしていたら、幕末の日本史が急に頭の
中で動き出したのだった。



18831883188318831883・・・ 





   DSC04254_convert_20100412084309.jpg





1883年の日本に何が起きていたのだろう?
そんなことを夕べ考えていたら、何だか
楽しくなってきた。

例えば、今「竜馬伝」で一躍注目を浴びている坂本竜馬。
彼の死の16年後、土佐出身の小説家坂崎紫瀾(しらん)が
自由民権運動の一環として、龍馬が主人公の小説「汗血千里駒」
(かんけつせんりのこま)を高知の新聞に連載したという。
自由平等と坂本竜馬のコンビは完璧で、坂崎紫瀾の名は
はもとより、坂本竜馬の名も同時に日本中にとどろいたそうだ。

板垣退助の自由民権運動と坂本竜馬!
このつながりは面白くないか?!








    DSC04252_convert_20100412084356.jpg


今は先進国のトップ、アメリカの子供たちといっても、
当時は移民の大半は貧しく、みんなが学校にいけたとは
いえない。けど、男女が一つの教室で学べる「学校」という
教育の場は、すでにあったのだ。




ちょっと、歴史をさかのぼると~

日本開国のきっかけとなったペリー率いる黒船来航は、1853年。
日本は米国と日米和親条約締結した。
そして、この出来事からから明治維新までを日本史では、
「幕末」と呼んでいる。


  *記事バックナンバー:咸臨丸サンフランシスコに刻まれる!


1868年には、明治維新が起こり、日本の歴史は、
東京奠都、五稜郭の戦い、版籍奉還と動いていった。
1871年には、廃藩置県が定められ、岩倉使節団派遣も
西洋諸国へ近代日本建設視察のために海を渡っていった。
そして、大日本帝国憲法発布は、このアメリカの学校設立の

1883年から3年後の1889年のことだった。


WOW!








お帰りの前に、お花見でもどうぞ!


サンシュユ(山茱萸)/
         Cornus officinalis


    DSC04265_convert_20100412085437.jpg



花言葉は、持続・耐久・強健

DSC04236_convert_20100412084741.jpg




「今日のみことば」もどうぞ!
日めくりカレンダーのように、今日の聖書と解説があります。
興味がある方は、下の「追記の開閉」をクリックしてください。
今日も恵まれた一日でありますように♪







10年前の誕生日に、義母から贈られた一冊の本。
"Echoes of Eternity Listening to the Father"
by Hal M. Helms

この小さな本は、いつも私の心を癒してくれます。
クリスチャンであるから正しい行いをするわけもなく、
クリスチャンだから正しい考えをするわけもない。
なぜなら、我々はたかが人間であり神ではないから。
だからこそ、神のメッセージを日々繰り返し読み、
そして心に刻まなくてはいけないのだろうと思うのです。
もし、あなたがまだクリスチャンでなくとも、
このメッセージは多くの人の心に届くと信じます。
私のつたない和訳ですが、ご一緒に神様のみことばを
学んでいきましょう。




主を待ち望むものは新しい力を得
(鷲のように翼をかって上ることができる。
 走ってもたゆまず、歩いても疲れない。)


   イザヤ書40:31


<解説要約>
あなたの心に、この私のメッセージが、仮に微かにでも
届いたならば幸いだ。それをさらにあなたの心の中心に
持っていくように勤めれば、さらに私の声が容易に聞こ
えるだろう。
再びあなたに助言をする。私の声が聞こえる澄んだ心を
失ってはいけない。「主を待ち望むものは新しい力を得る」
という言葉を決して忘れてはならない。それはあなたが私
の声を聞き分ける力さえも向上させるのだ。



あなたの応援クリックに感謝します♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

サンシュシュ・・・
日本でもよく見れますよね

花言葉、初めて知りました
ありがとうございます
  • posted by きゃふ 
  • URL 
  • 2010.04/12 03:58分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/12 11:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

こうやって歴史の背景を考えると面白いですね

家にひとつガラスに貼られたふるい写真があります

ちょっと不良っぽい侍? のような格好をした人で

ネットで龍馬伝を一話見ることができたんですが

その頃の人の様子とダブり 想いが 飛ぶようでした。

ちなみに 私は土佐っ子ですよ~~

いいお天気の今日 いい日をお送りください
  • posted by ba-chama 
  • URL 
  • 2010.04/12 13:26分 
  • [Edit]

おはようございます♪♪ 

珍しいショットを見せていただき、嬉しかったです。siawase気分です。

ちょっとした歴史ロマン、伝わってきました。
楽しめました。
ありがとうございました。

いつも、コメント&応援ポチに、恐縮です。
応援ポチ♪♪
  • posted by siawasekun 
  • URL 
  • 2010.04/12 14:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは。
初めてお邪魔させていただきます。

古い学校の建物に埋め込まれていた数字から、
その頃の日本の歴史に想いを馳せて、
当時のアメリカと日本の文化を比較してみるなんて、
とっても素敵ですね。

歴史、特に近代史には疎い私ですが、
今では当たり前になっていることの多くが、
「1883」という数字にリンクしていることが、
なんともロマンチックですね。
  • posted by tetsurow 
  • URL 
  • 2010.04/12 19:27分 
  • [Edit]

NoTitle 

この方は知りませんでしたが
アメリカ留学といえば津田梅子女史が
有名ですよね。
当時はリベラルな女子教育ではアメリカは
世界のトップ。今もその良き影響があると思うと
感慨深いです。
  • posted by けい 
  • URL 
  • 2010.04/12 19:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

なるほど、学校でしたか!まさに大草原の小さな家の世界だね!
それにしても1880年代の日本の歴史にまで思いを馳せるとは、さすがスムージーさん!

今日の御言葉、「主を待ち望む」がキーポイントだね。私が今チャレンジされている、「忍耐」にピッタリのタイムリーなシェアをありがとう。

今日もポチ!
  • posted by Junco 
  • URL 
  • 2010.04/12 20:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

みどり    greensmoothie

Author:みどり    greensmoothie
ミシガン州在住、アメリカ人の夫と娘の3人家族。
心と体の健康、聖書日めくりカレンダー、自然食、街、ガーデニング、イベント、ハンドメイドクラフト、友人や家族のことなどを綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

ミシガン州の時間

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。