アメリカ健康ジャーナル

ミシガンに住んで二十余年。「心と体の健康」を綴るヘルシーライフスタイル工房へようこそ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満児撲滅法★オバマ大統領夫人へのご提案!

オバマ大統領夫人がスタートした肥満児対策「Let's Move」が話題を呼んでいる。
去年の春、ミッシェルさんの提案によってスタートした
子供たちのための「オーガニックガーデン」に次ぐ企画だ。

         

         ミッシェルさんのオーガニックガーデン記事バックナンバー
                    ↓
           オーガニックガーデン




DSC02999_convert_20100207075129.jpg

ファーストフードなどが原因の生活習慣病が、
深刻な問題になっているアメリカ。
肥満問題はアメリカの全人口の65%、
その中で30%を占めるのは子供の肥満という。
過去10年間の記録からすれば、糖尿病は300%増加。
心臓病、骨粗鬆症、腎・肝などの障害、脳血管障害など深刻だ。
5人に1人の肥満児、今後の対策が必要とされている。












Let's Moveが掲げているスローガンによれば、
1)保護者へのサポート
2)健康食を学校に設置する
3)運動をカリキュラムに取り入れる



病気の減少が、医療費問題となるアメリカ。
この運動の進展が期待される。









DSC03001_convert_20100128102232.jpg



子供はキャラクター付のファーストフードが大好き。
おまけに店内で遊べるとなると、一石二鳥となるだろう。
実際、私もそんな母親の1人だった。
しかし、肥満児が社会問題になってきた今、
医療期間や政府を中心に、ファーストフード各社への
自主規制もおこるそうだ。







ミッシェルさま、お助け申し上げます!



生活習慣病が一つの社会現象になっているのは、
アメリカばかりでなく、日本も同じこと。
日本文化の伝承折り紙の知恵のみならず
健康促進への知恵もお貸しいたしましょう。








DSC03268_convert_20100217171833.jpg



折り紙、私が苦手なものの一つ。
アメリカ人が日本人と見れば、誰でも「ORIGAMI」を
折ることができると思っている期待には答えることはできない。
しかしだ、私がこの国の子供たちに教えられることは、
健康に関する教育だろうか。
寺子屋式の教育がいい。
肥満の度合いによってのクラス編成。
小規模でのクラス運営は、子供たちの心を
確実にフォローできるのだ。


ヘルシーライフスタイルを学ぶ塾の誕生だ!
健康とは、単に食べるだけでも、運動するだけでもなく、
総合的なものだと信じるから。






DSC03262_convert_20100217172440.jpg


例えば、こんなハウツウー的なキットはどうだろうか?
体の仕組み、特に消化のシステム。
食物と栄養の仕組み。
運動のメカニズム。
心の健康。
そんなことを組み入れた楽しい教材も、一つのアプローチ法だと思う。
折り紙がセルフキットで折れる子供なら、
「ハッピーヘルス」キットも楽勝だろう。
親子で学ぶ健康。
なんだかいい響きじゃないか?!



アメリカにも、昔は、家庭科や技工のクラスはあったのだ。
男女ともに、加工品を用いない自然の食品を使った
家庭科のクラスを再スタートさせればいい。
ヘルスフードとは、自然の恵みを味わうこと。
それがおいしいと思わない限り、所詮は知識で終わるしかない。
つまり、健康食が体によいとわかってはいても、
その作り方を教わらないかぎり、
実際に食べるのはジャンクフードということになる。
味あわせてあげましょう。
おいしい自然食を!




DSC03166_convert_20100218093632.jpg

アメリカ人の間でSUSHIが浸透している昨今。
そして、子供用の玩具にまでSUSHIが登場している。
日本食の素晴らしさを取り入れた家庭科のクラス。
これもピザ、ハンバーガー、マカロニチーズ、
あるいは、ピーナツバターサンドイッチなどという
ワンパターンな食事に比べて、バラエティーに富みいいだろう。
国の財政を使ってまで、子供たちに健康を教えるなら、
ここまで徹底的にしていただきたいと願う。

井の中の蛙は、大海を知らないのだろうか。
フライドポテトを野菜の代用と考えるアメリカの子供たち。
大国アメリカが小さく見える。
食事の上からも、世界を広げることが健康への早道か・・。



ミッシェル様、あなたのプロジェクトをお助け申し上げます。
日本とアメリカの子供たちの将来の為に、
日米合同ヘルスプロジェクトをスタートさせましょう!







スポンサーサイト

*Comment

 

アメリカの食文化は本当に貧しいですよね。
糖尿病300%増加ですか!!驚くべき数字です。
便利さと手軽さを追求し、糖分と脂分過剰摂取した結果がこれですね。
家庭科、アメリカにはないんですか???
でも、日本でも最近は肥満の人がかなり増えているとか。末恐ろしい。。。

そういう私も仕事というエクスキューズでだんだんと
手抜きになっているのが怖い。。。
反省です。
あ、でも、今日はアジア食品の店で買った
冷凍のマグロのお刺身で手巻き寿司にしましたよ。
やっぱり日本食最高!万歳!
  • posted by Junco 
  • URL 
  • 2010.02/17 21:39分 
  • [Edit]

 

高校生になればうちの学区は家庭科が選択授業で取れるって聞いたことがあります。
家庭科や技工って私の学生生活の中では一際楽しみな授業でしたけどねぇ。
こちらの学校では掃除の仕方も教えてくれないみたいだし、食事や整理整頓を子供に教えるのって親の責任重大ですね。
  • posted by yutori 
  • URL 
  • 2010.02/17 22:38分 
  • [Edit]

 

キャラクターつきはつい買ってしまうんですよね。

日本では菓子パンにソーセージはては納豆まで
ディズニーが登場。今の子はコレステロールが
高いそうですが、肥満ともども考えさせられます。
  • posted by けい 
  • URL 
  • 2010.02/18 06:38分 
  • [Edit]

 

アメリカ人の食や健康意識はゆっくりと いい方向に向っているようには感じます。

夕べ 小さなレストランにいったんですが

非常に限られたメニューで どう見ても 脂肪分の高い
野菜のない献立でした。

  • posted by ba-chama 
  • URL 
  • 2010.02/18 09:06分 
  • [Edit]

 

心情は心の行動と捉えますが、それが実際の行動の原因とは捉えません。

もしそう捉えてしまうと、結局は因果関係が説明できないからです。

物事のいろいろな対策は、客観的な因果関係がわかってこそ正確な対策が打てます。

つまり、「心」などというものは所詮実体の無いもので、経験によって学習された「心的行動」でしかないのです。

ですから、人が人の心をわかるのは、その心を言わば予想しているに過ぎないのです。

特に心の病にかかった人や、心的障害、発達生涯などを持っている方々には、こうした考え方によっての指導が不可欠なのです。

また健常者に対しても、これは大いに利用できる考え方です。

ちょっと難しいかもしれませんが、学ぶと目から鱗の事ばかりですよっ。


本日も日付が変わりましたので応援させていただきました。
m(_ _"m)ペコリ
  • posted by あっちゃん先生 
  • URL 
  • 2010.02/18 10:26分 
  • [Edit]

 

この前ね、日本人ママ達と、アメリカの食事についてちょっと盛り上がったの。
ショッピングカートを除くと、レンジで温めるだけの子供用ディナーだったり、ピザだったり、そう言う買い物をしてる人が多いよね~、って。
まず、親の意識改革をしないと駄目よね。
  • posted by ree 
  • URL 
  • 2010.02/18 11:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

みどり    greensmoothie

Author:みどり    greensmoothie
ミシガン州在住、アメリカ人の夫と娘の3人家族。
心と体の健康、聖書日めくりカレンダー、自然食、街、ガーデニング、イベント、ハンドメイドクラフト、友人や家族のことなどを綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

ミシガン州の時間

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。