アメリカ健康ジャーナル

ミシガンに住んで二十余年。「心と体の健康」を綴るヘルシーライフスタイル工房へようこそ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラミからサルモネラ菌?!

サルモネラ菌にご注意を!

生卵、ピーナツバター、クッキードウ(生)の次は、
黒胡椒入りのサラミからもサルモネラ菌が発見?!
2009年の7月から、感染は全米に広がっており、
現在判明している情報では、134人の患者の年齢は1 歳未満~88。
そのうち37 人が入院、死者はまだ報告されていない。
また、患者の過半数の53%が男性ということだ。


あなたの住む州はいかがですか?!



AK (1), AL (2), AZ (5), CA (30), CO (4), CT (4), DC (1),
DE (2), FL (3), GA (3), IA (1), ID (2), IL (11), IN (3),
KS (3), LA (1), MA (12), MD (1), ME (1), MI (3), MN (4),
MO (1), NC (9), ND (1), NE (1), NH (1), NJ (8), NM (2),
NY (16), OH (9), OK (1), OR (9), PA (5), RI (2), SC (1),
SD (3), TN (4), TX (7), UT (7), VA (1), WA (15), WV (1),
and WY (2).


(2月3日 CDC から発表による米国の州とサルモネラ感染者数)



DSC03163_convert_20100204113801.jpg




1月23日のこと、ロードアイランドのソーセージ業者が、
サラミの黒胡椒が原因とみられるサルモネラ菌食中毒の疑いの為、
自社製造のサラミを回収することを発表した。
政府の保健衛生局が行った、ダニエル社の3つの工場の調査からは、
サルモネラ菌は発見されていないが、安全措置の為にとった
自主的措置だという。

現在、米国疾病予防管理センター(CDC)は、各州の公衆衛生当局、
米国農務省食品安全検査局(USDA)、米国食品医薬品局(FDA)と協力し、
複数州にわたって発生しているサルモネラ菌感染の経路に関する調査を行っている。

サルモネラ菌感染症状は、嘔吐、下痢、発熱、胃痙攣などで、潜伏期間は
約12時間。回復期は、4-7日。サルモネラ菌の感染症状がみられた場合は、
速やかに医師にコンタクトをするべきであろう。












さて、余談ですが・・・

メアリー・マローン、別名チフスのメアリーをご存知ですか?!

メアリーは、ニューヨーク在住のアイルランドからの移民。
時は、アメリカの古きよき時代の1900年のはじめ。
お料理好きで平凡なメアリーが、ニューヨーク近辺に
悪魔の腸チフスを撒き散らした犯人だったのです。



DSC02498_convert_20100204114936.jpg

腸チフスの感染路を調査していたニューヨーク市衛生局は、
感染経路をたどり、ついに金持ちの料理人として働いていた
メアリーに疑いを抱き、彼女の便と血液検査から腸チフスを発見。
メアリーは、即座に病院に隔離されます。
しかし、これに納得しないのが、ご本人のメアリー。
何せ、彼女には腸チフスの症状がでていないのですから。
つまり、メアリーのようなケースを「、健康保菌者」というのだそうです。
 


さて、市衛生局の検査に意義をとなえたメアリーは、自ら医師に再検査を
依頼し、身の潔白を証明。ついに1909年市を相手に訴訟裁判を起こします。
1910年に食品関係の職業につかないこと、そして住居を市に知らせるという
条件つきで、メアリーは隔離病棟から出ることが許されました。



ところが、1915年のこと、腸チフスが再度流行します。
感染源は、住居が不明になっていたメアリー。
しかも、病院で調理人として働いていた彼女から25人の感染と
2人の死亡者を出すことになったのです。




それ以後、メアリーは1938年の死まで、隔離病棟で過ごすことになりました。
病理解剖から判明いた事実は、彼女の胆嚢に腸チフス菌の感染巣を発見。
一般のチフス菌感染に見られる、腸間膜リンパ節から肝臓、脾臓という
感染経路とはは異なり、彼女の場合は、チフス菌が胆嚢内部に定着し、
菌が胆汁に混ざって腸に排出されたこと。
そして、彼女のチフス菌に対する抵抗力と免疫力が強かった為に、
感染症がでなかったということが判明しました。
しかし、腸チフス保菌者である彼女の洗浄していない手などを通じて、
彼女の調理した食事に感染経路を広げていったのだといわれています。



腸チフスが発病しなくて、ラッキーというのか・・・
何だか、信じられない話ですよね?!



参考:Investigation Update: Multistate Outbreak of Human Salmonella Montevideo Infections
Black Pepper Becomes Latest Salmonella Suspect
Typhoid Mary




DSC01341_convert_20100204143503.jpg
 (動物園で見つけた看板です^^)



サラミには、くれぐれもご注意を!
そして、自分の身は自分自身で守るしかないようですね。
とりあえず、こんなことから励行してみてはいかががでしょうか?







スポンサーサイト

*Comment

 

チフスのメアリーさんの話
本当に驚きました
こういうことがあるなんて(@@)
  • posted by きゃふ 
  • URL 
  • 2010.02/04 01:07分 
  • [Edit]

 

メアリーさん、食品関係はダメだったのにー!!
感染症はやっぱり怖いですよね…
サルモネラは特におそろしいイメージ。
被害がこれ以上広がりませんように。
  • posted by ちい 
  • URL 
  • 2010.02/04 04:01分 
  • [Edit]

 

こういうことがあるのですね。
驚きました。生卵は怖いので息子には
卵は必ず加熱して食べさせています。
  • posted by けい 
  • URL 
  • 2010.02/04 07:11分 
  • [Edit]

 

腸チフスは指定伝染病ですからね。
こっわ~~~
今でも隔離となるといわれなき差別を受けてしまいますから、当時の状況はもっとだったのでしょう。
なぁんかアメリカってサルモネラの話よく聞くなぁ~~
それだけ敏感になっているのか生食が多い日本人が免疫でもあるのか。。笑
  • posted by おね太郎 
  • URL 
  • 2010.02/04 09:43分 
  • [Edit]

 

とても興味深く読みました。30年以上前に初めて欧州へ旅行した最初の機内食で、このサルモネラ菌にツアー全員が食中毒を起こした中にいました・・
ローマの新聞に出たくらい・・幸い私はワインを飲んでいて、友人と二人入院しないですんで・・以来外国での食事は少しでもアルコールを飲むことにしている間に・・お酒が好きになってしまいました。
こうしてきちんとこのことについて読ませていただいたのは初めてです!
  • posted by ann 
  • URL 
  • 2010.02/04 09:51分 
  • [Edit]

 

信じがたい話ですね

でもこういった話ってありますよね

同じDNAをもっている赤の他人とか

聞いたような、、。

サラミ すきですが

ちょっと控えておきましょう

( 悪口は口業 といわれますよね。
たとえ 言わずにいても心の中で思ってしまう 意業 のコントロールは難しいです。
やはり深い感謝を持つ事は大切ですね。

今日もいい日を!!)

  • posted by ba-chama 
  • URL 
  • 2010.02/04 10:11分 
  • [Edit]

 

味が強いから滅多に食べさせないけど、娘がサラミ、大好きなの~。
チフスの話、ビックリ~!
それにしてもそんな状態で、メアリーさんもなぜ食品関係に・・・。
  • posted by ree 
  • URL 
  • 2010.02/04 12:07分 
  • [Edit]

 

はじめまして。カリフォルニアからです。私は,専業主婦で、大学院生です。今修士論文を書いてます。専攻は数学です。チフスのメリ-知っていますよ。確かアメリカのテレビでやっていました。人迷惑なメリーさんですが、頑固で、頭の切れる人のように言われてました。良い機会なので本でも買って読んでみます。
  • posted by すみれ 
  • URL 
  • 2010.02/04 20:20分 
  • [Edit]

 

アメリカ人って本当に手を洗わないなぁといつも思っていたんですが、病院関係者でもそれは変わらないみたいですね…。
こちらの学校に行ってビックリしたのが、日本みたいにトイレの外に手洗い場が沢山ないってことでした。
あれじゃランチタイムにも手を洗ってないだろうから、手を洗うっていうクセがつかなさそう。
  • posted by yutori 
  • URL 
  • 2010.02/04 23:59分 
  • [Edit]

すみれさん 

すみれさん、はじめまして。
数学の修士論文~大変そうですね。でも、卒業まであと一歩でしょうか?メアリーさんの題材を、アメリカ移民史ととるのか、生理学としてとるのか、興味深いところでしょうね。本を読まれたら、ぜひご感想をお聞かせくださいね。コメントありがとうございました。<m(_ _)m>
  • posted by greesmoothie 
  • URL 
  • 2010.02/05 20:15分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

みどり    greensmoothie

Author:みどり    greensmoothie
ミシガン州在住、アメリカ人の夫と娘の3人家族。
心と体の健康、聖書日めくりカレンダー、自然食、街、ガーデニング、イベント、ハンドメイドクラフト、友人や家族のことなどを綴っています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

ミシガン州の時間

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。