アメリカ健康ジャーナル

ミシガンに住んで二十余年。「心と体の健康」を綴るヘルシーライフスタイル工房へようこそ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末に読む★アメリカ古典文学トップ10!

まだまだ続く長~い冬。
この週末は、どんな風に過ごしましょ?
晴れた日はジョギングも楽しいし、
雪の降る日は雪だるまやソリも楽しい。
けど、今週は頭のエクササイズでもしてみようかな?!





       DSC02911_convert_20100123054244.jpg

本は、私をどんなところでも連れて行ってくれる魔法使い。
そして、学ぶ楽しみを教えてくれる先生だ。
今年の冬こそ、じっくりとアメリカのクラシック文学に
再チャレンジしますよ!




そこで、私の目に留まったは、アメリカの高校や大学の授業で
使われるもっともポピュラーな作品10選。
英語、アメリカ文化、アメリカ留学に興味がある方にもお勧めです。


参考:Top 10 Novels for American Literature Classes




1.ハックルベリー・フィンの冒険
     Adventures of Huckleberry Finn
     マーク・トウェイン(Mark Twain)著
     ハックと友人で逃亡奴隷のジムの二人が、ミシシッピ川をいかだで下る漂流旅行記。


2.緋文字
     The Scarlet Letter
     ナサニエル・ホーソーン(Nathaniel Hawthorne)著
     私生児を生んだへスターは見せしめの為に赤ん坊と一緒にさらし台に立たされる。
     胸には恥辱の印である緋色の文字”A”の文字をつけさせられて・・・。
     ボストンを舞台に1600年代のアメリカの情景をさぐることができる。


3.アラバマ物語(モッキンバードを殺すには)
     To Kill a Mockingbird  
     ハーパー・リー(Harper Lee)著
     人種差別が多くあるアメリカ南部で、白人女性への暴行容疑で逮捕された
     黒人青年とその弁護士アティカス・フィンチのストーリー。


4.勇者の赤いバッジ
     The Red Badge of Courage
     ステファン・ケーン(Stephen Crane)著
     南北戦争を描いたアメリカ文学の古典。


5.グレート・ギャツビー
     The Great Gatsby
     F・スコット・フィッツジェラルド( F. Scott Fitzgerald)著
     1922年のアメリカの世界。ニューヨークに移り住んだニック・キャラウェイが
     大金持ちの隣人、ギャツビーを描く。


6.怒りの葡萄
      The Grapes of Wrath
     ジョン・スタインベック(John Steinbeck)著                           
     殺人罪で服役していたトム・ジョードが、家族と共にルート66を通って
     カリフォルニア州へたどり着く。トムの葛藤する姿を描く。    


7.野生の呼び声<

     Call of the Wild
     ジャック・ロンドン(Jack London)著
     BUCK(バック)という名前の犬が語る話のあれこれ。


8.透明人間
     Invisible Man
     ラルフ・エリソン(Ralph Ellison)著
     白人から存在を無視され続けるアメリカ黒人青年のアイデンティティ。


9 武器よさらば
     A Farewell to Arms
     アーネスト・ヘミングウェイ (Ernest Hemingway)著
     第一次世界大戦中におきたアメリカ兵士と看護士の恋愛。


10、華氏451度
     Fahrenheit 451
     レイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)著
     架空の社会における人間模様を描いた作品。






日本でも映画になっているアメリカ文学は多数。
英語を学びたい人は、映画を見てから原書を読むのも、
あらすじが理解できていいかもしれませんね。
また、この中で児童書になっている本はありますから、
優しい英語を読むことからスタートするのも一手でしょうか。


まだまだ続く冬。
冬眠モードで、このリストの本全部を読破しちゃおうかな?!
何か目標があるのも、春への期待が高まっていいかもね。
学校の試験の為に読むわけでもないし、エンジョイできそう。
早速、図書館へダッシュ。
ただ今、読書クラブのメンバー募集中です!





スポンサーサイト

*Comment

 

最初の写真、本当の人かと思っちゃった(==;

最近、図書館に行ってないわ・・・
ヤバイなっv-12
  • posted by きゃふ 
  • URL 
  • 2010.01/23 04:10分 
  • [Edit]

 

素晴らしい記事ですねえ・・
1、3、5、8、9
この順番で大変感銘を受けました
私はどれも読んだ時期が大人になって
からなんです・・もっと早く読めば
よかったって思いました。
  • posted by ann 
  • URL 
  • 2010.01/23 08:05分 
  • [Edit]

 

英語の本は5分で寝れます。笑
こっちって本のセールもやるからいいですよね~~
私図書館は好きだけど借りない人。
だって借りたら返しに行かなきゃいけないから。
レンタルビデオも同様。ギャハハハ(≧▽≦)
へミングウェイ武器よさらば。は読んでいないんですよねぇ。
ハリポタはひっとつも読んでないし。
今~JIN~の原作をネット購読するかどうか悩み中。
本は寝転がって読みたいしな~
でも、ネット購読の方がこちらの日系本屋さんで買うより安いんですよね。。悩むなぁ。。
  • posted by おね太郎 
  • URL 
  • 2010.01/23 13:45分 
  • [Edit]

 

レイ・ブラッドベリ懐かしいです。
宇良戸部 礼というペンネームを持った
歌人もいたなぁ…
もちろん、英語じゃ読めませんがヾ(´▽`;)ゝ

修学旅行、まさにそんな旅でした。
  • posted by 小太郎 
  • URL 
  • 2010.01/23 15:29分 
  • [Edit]

 

風と共に去りぬと大草原の小さな家シリーズが
大好きです。
両方とも私の人生観や職業観に大きな影響を
与えてくれました。グレート・ギャツビーと聞くと
ロバート・レッドフォードを思い浮かべます。
カッコよかったですよね!
  • posted by けい 
  • URL 
  • 2010.01/23 18:52分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.01/24 08:22分 
  • [Edit]

 


こんにちは、えいと@です。

本を読むのが大好きです!
日本にいる時には、毎日といっていいほど図書館に通って本を借りていました。
家にもいーっぱい本があります。

でも…英語の本はダメですね~~~。
何ででしょうね? 字が細かいからかなぁ~?
アルファベットが並んでるだけでもうダメです。。。
1ページ読むので息切れ。
最近は全然本を読んでないなぁ~。

   えいと@

  • posted by えいと 
  • URL 
  • 2010.01/24 14:09分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

みどり    greensmoothie

Author:みどり    greensmoothie
ミシガン州在住、アメリカ人の夫と娘の3人家族。
心と体の健康、聖書日めくりカレンダー、自然食、街、ガーデニング、イベント、ハンドメイドクラフト、友人や家族のことなどを綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

ミシガン州の時間

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。