アメリカ健康ジャーナル

ミシガンに住んで二十余年。「心と体の健康」を綴るヘルシーライフスタイル工房へようこそ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスは「心のふるさと」で!

         メリークリスマス

        「クリスマスのお話あれこれ特集 その2」

                             バックナンバー記事:クリスマスのお話あれこれ特集 その1



「ふるさとは遠くにありて思ふもの」


日本ではクリスマスのイブ。
アメリカも1日遅れで追いつきますよ!
今日はね、「クリスマスあれこれ特集2」です。
パーティーでお忙しい方は、また戻ってきてね。
何処にも行きたくない~って方は、どうぞクリスマスストーリを
お楽しみくださいませ!





         DSC02653_convert_20091223141705.jpg



我が家のクリスマスツリーですが・・・
今年はかなり手抜き・・・いや、質素にアレンジしてみました。
何がって?
オーナメントの90%、ここに飾ってないんです。
飾り物を出せば、片付けもしなければならず。
兼業主婦には、パーフェクトなホリデーセッティングは無理。
そこで、ストレスフリーのクリスマスを実行することに決定!


オーナメントをほとんど出さなかった分、実はおいしいものを飾っちゃいました!
ペパーミント、チョコ、フルーティー味の飴。キャンディーケイン。
12本入りで100円。


DSC02688_convert_20091224035714.jpg

エコ・クリスマスツリー、2009年の出来上がり~♪
小さいおもちゃも飾って、甥や姪たちへの宝探しツリーになる予定です。
我ながら、何とズボラでエコなアイデアでしょうか・・・。




でもね、オーナメントではずさなかったのは、こちら!




 DSC02272_convert_20091222114625.jpg DSC02273_convert_20091222114806.jpg DSC02274_convert_20091222114900.jpg
        

アメリカは人種の雑多な国、とは前回の記事でご紹介済み。
私の夫の父は、ハンガリーからの移民。母はアメリカ生まれのドイツ人。
というわけで、左端のオーナメントは、ハンガリー。右はドイツです。
当然真ん中の赤いオーナメントは、私のニッポン~チャチャチャ♪

え~こんなの売ってるんだね!

はい、ありますよ!
ミシガンに一年中クリスマス用品を売る巨大な店、
BRONNER'Sで購入したものです。
しかも、20年以上前にね。
よく日本語を見ると、「メリーリスマス」って気がしませんか?
あれ?おかしいなぁ~とは思ったのですが、
やはりこんなところで日本語の文字を見れば、
郷愁の念で買ってしまうのですよね。


少し不思議なのは、
日本人の両親のDNAと日本で生まれ育った私に比べて、
夫の場合は、両親の国籍と母国語が異なるのです。
彼の母親は、ドイツ移民の両親の血を100%引いてもアメリカ生まれのアメリカ人。
ドイツ語は学校で禁止だったので、5歳からは英語のみ。
ドイツさえ行ったこともないのです。
一方、夫の父は、中学生の時にハンガリーからアメリカに移民したハンガリー人。
両親はハンガリー人でも、母国語は英語ではなかったということ。



この両親を持つ我が夫は、アメリカ人でしょ?
ということは、彼のカルチャーも言語もアメリカンのみ。
ハンガリー人の祖母との思い出を、少しばかりは覚えているものの、
私に比べてハンガリーに関しての深いアタッチメントがあるわけでもない。
ましてや、ドイツとのつながりがあるわけでもない。


それなのに、何故ハンガリーとドイツにこだわるのか・・・。不思議。
本人いわく、自分のルーツ、血だそうです。
まぁ、その人の心の中にある「ふるさと」ということでしょうか?!
確かに・・・私は東京で育ちましたが、両親のふるさとの福島や茨城から、
何となく、心の「ふるさと」のイメージが浮かびます。
町のどこかであの懐かしい「アクセント」を聞くと、
両親を思い涙ガ流れそうになります。



「心のふるさと」
これからも、ドイツ、日本、ハンガリーのオーナメントをKeepしますよ!




               ふるさとは遠きにありて
              室生犀星
            (むろう さいせい)

          ふるさとは遠きにありて思ふもの
          そして悲しくうたふもの
          よしや
          うらぶれて異土の乞食となるとても
          帰るところにあるまじや
          ひとり都のゆふぐれに
          ふるさとおもひ涙ぐむ
          そのこころもて
          遠きみやこにかへらばや
          遠きみやこにかへらばや
                 (小景異情より)




ふるさと~この日本語の響きって素敵。心が暖まります。
人はありのままの自分を認め、そして自分のルーツを大切に
「心の小箱」におさめて生きていくのでしょうか。






     






「クリスマスのお話あれこれ特集2」のもう一つ。
先日の児童書「ジングルベル」に続いて、本日のストーリーはこちら!



           The Christmas Story
             with Ruth J. Morehead's Holly Babs
        A Random House PICTUREBACK $4.25(400円)

                                                     


          DSC02664_convert_20091223152741.jpg

昔々、ナザレスというところに、大工のジョセフと妻のマリアが住んでいました。
小さい家にはロバもいましたが、子供はいませんでした。




          DSC02667_convert_20091223153601.jpg

ある日、マリアの前に天使ガブリエルが現れ、メッセージを伝えます。
「あなたは神によって選ばれ、神の息子を宿ります」



          DSC02680_convert_20091223154407.jpg


それからまもなくして、ジョセフとマリアはべスラハムに旅をします。
マリアはロバの背中に乗ってべスラハムに着いたとき、
あたりは真っ暗で泊まるところも見つかりませんでした。





           DSC02671_convert_20091223154915.jpg

身重のマリアは、疲れ果ててもう歩けません。
明かりをたどっていくと、小さな納屋がありました。
そこには、牛、羊、ヤギなどの可愛い動物がいました。
動物たちは、ジョセフとマリアを大歓迎。
その夜、マリアは男の赤ちゃんを産みます。
マリアは、納屋にあった白い布で赤ちゃんを包みました。
ベビーベッドのかわりの飼い葉おけのなかで、
赤ちゃんはスヤスヤと眠ります。




           DSC02685_convert_20091223155734.jpg

神様の息子、「イエス様」の誕生の知らせを聞きつけた3人の賢者たち。
遠方より贈り物を持って、イエス様のもとにやってきます。
「われらの救い主、王よ!」
イエス様の前にひざまずき、頭をたれます。
納屋の動物たちもイエス様の誕生を祝います。



           DSC02676_convert_20091223160838.jpg

その日から、毎年クリスマスにイエス様のお誕生を祝うことになりました。
イエス様が神様の愛のメッセージを持ってきたからです。
全世界の人へ~メリークリスマス!





クリスマスストーリーいかがでしたか?
これは幼児向けの絵本なので、実際に聖書に書いてある事実とは異なる部分も
あります。でも、本当のクリスマスの意味。おおよその流れはつかめますよね。


クリスマスのイブ、多くのアメリカのクリスチャン家庭は、夜の礼拝に参加するため
教会に行き、イエス様の誕生を祝います。
実際のところ、子供たちの楽しみは、翌日のクリスマスプレゼントでしょうが・・・。
暖炉の前にクッキーとミルクをサンタさんに用意してから、ベッドに行くのが習慣です。
日本の皆さんは、今宵がその日。
窓、キッチン、テーブルの上、どこでもサンタさんはOKのようですよ。
クッキーとミルクのサンタさん用のおやつもを忘れないようにね!



メリークリスマス!愛するあなたへおくります。


今日も「アメリカ健康ジャーナル」ご訪問ありがとうございました。



スポンサーサイト

*Comment

 

ふるさとって全然ありがたいものでは無いのですが
それは、まだふるさとの近くにいるってことなんで
しょうね。
誰か故郷を思わざる、ふるさとは遠きにありて思ふもの…
そんな心境にあこがれます。
クリスマスも関係なく、ずっとお仕事ですv-356
  • posted by 小太郎 
  • URL 
  • 2009.12/23 15:15分 
  • [Edit]

メリークリスマス 

素敵なお話をありがとうございます。
絵本がまたなんて素敵でしょう
室生犀星の詩をこうして拝見すると
また別の感慨が浮かびました。
外国で吟ずるふるさとの詩は
特別な感慨になります・・
素敵なツリーにも歴史を感じて
感動しました。
日本は今夜明けです。
メリークリスマス
  • posted by ann 
  • URL 
  • 2009.12/23 16:37分 
  • [Edit]

 

これは何代たっても「祖国」「ふるさと」という
血のなせるわざでしょうかね?

クリスマスストーリー
私は子どもの頃幼稚園のクリスマス発表会で
兄弟年長で同じ役をしました。
そして私の子どもたちの幼稚園も(幼稚園は違いますがキリスト教系)年長さんでこの劇をするのが毎年恒例で
娘が年長になったらどの役になるのかな?と
楽しみにしておりましたが渡米になってしまいました。。
なので私にとってせつない物語です。

  • posted by おね太郎 
  • URL 
  • 2009.12/23 18:10分 
  • [Edit]

メリークリスマス♪ 

素敵なクリスマスストーリをありがとうございます
オーナメントもとても魅力的v-238
国境を越えたクリスマスv-255素敵です

素敵なクリスマスをお過ごしくださいねv-255

今宵は、せれびんが海を渡り・・・
ミシガン州まで行けますように(^^)
  • posted by きゃふ 
  • URL 
  • 2009.12/23 22:44分 
  • [Edit]

 

メリークリスマス!
>ふるさとは遠くにありて思ふもの
なんだか身にしみますね。
  • posted by ryonouske 
  • URL 
  • 2009.12/24 08:22分 
  • [Edit]

 

義父方の先祖はスコットランドから。
義母の先祖はインディアン。
そして父ちゃんはフロリダっ子。
義両親の先祖両方、最初にフロリダに住んだ人だったらしいです。
このツリー、質素って言うけど、すっごいおしゃれじゃないですか~!

楽しいクリスマスを!
Merry Christmas!!
  • posted by ree 
  • URL 
  • 2009.12/24 11:29分 
  • [Edit]

 


こんにちは、えいと@です。

ふるさと~って人間にとってとっても大事なものなんですね。
離れると余計に感じます。
日本のオーナメント、欲しいなぁ~。
えいと@は京都生まれなので「京都」って書いてるのが欲しいな♪

えいと@夫妻はこの先、いろんな場所に学会で行くと思うんですが、
今後は その行った先のオーナメントを1個ずつ買って来ようかな…って思ってます。
今まで行った学会で買ったのはサンフランシスコだけ…。ちょっと後悔しています~。
あ! バッファローのオーナメントも今 いるうちに買っておこう~♪

ステキなクリスマスを~♪


   えいと@


  • posted by えいと@ 
  • URL 
  • 2009.12/24 12:40分 
  • [Edit]

annさん 

クリスマスあれこれ好き勝手書いてます^^外国に住むと故郷を考えますね。でも、実際に故郷はなく・・やはり、遠くにて思ふものですよね。
  • posted by greensmoothie 
  • URL 
  • 2009.12/24 23:34分 
  • [Edit]

小太郎さん 

小太郎さんのご実家は、そばなんですね。確かに、ないものねだりってありますよね。クリスマスにお仕事ですか。でも、あんなに綺麗なイルミネーション撮影できるんだから、きっといいお仕事なんでしょうね。
  • posted by greensmoothie 
  • URL 
  • 2009.12/24 23:38分 
  • [Edit]

おね太郎さん 

「血」でしょうね。アイデンティティーというか。
そうですが、この劇にそんな思い出があるんですね。アメリカの教会では、この劇毎年やりますよね。公立の学校では、宗教を出すの禁止だからこの劇は駄目。子供の日曜学校は出入り自由だから、ぜひトライされるといいかも。
  • posted by greensmoothie 
  • URL 
  • 2009.12/24 23:44分 
  • [Edit]

きゃふさん 

手抜きクリスマスツリー気に入っていただいてありがとうございます。笑 このお話は、絶対にぬけないんですよ~クリスマスの本当の意味だから。笑
せれびんサンタが今宵きますように!
  • posted by greensmoothie 
  • URL 
  • 2009.12/24 23:47分 
  • [Edit]

ryonouskeさん 

離れないとありがたさがわからないものって多いですよね。まぁ、心の中だけに収めておいたほうがいい場合もあるわけです。苦笑
素敵なクリスマスを!
  • posted by greensmoothie 
  • URL 
  • 2009.12/24 23:52分 
  • [Edit]

reeさん 

メリークリスマス♪
フロリダがホームランドなんですね。移民の段階で、住むところが決まるから面白い。アメリカ人ディアンのルーツもいいですね。まぁ、私たちも雑色ですね。
ツリーね、キャンディーケーンとリボンで結構いけます。食べちゃえばいいんだから。子供が大きくなると、ツリーもつまらないんですよん 苦笑
  • posted by greensmoothie 
  • URL 
  • 2009.12/24 23:56分 
  • [Edit]

えいと@さん 

オーナメントを買ってきて自分でも文字をかけるのですが、やはり土地で買ったもののほうが、思い出になりますよね。ただし、あれは壊れやすいので輸送が大変かも。ちょっと壊れにくいようなオーナメントがいいかもしれませんよね。学会いいなぁ~私も行きたい。来年は世界のあちこちに行きますよ。
  • posted by greensmoothie 
  • URL 
  • 2009.12/24 23:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

みどり    greensmoothie

Author:みどり    greensmoothie
ミシガン州在住、アメリカ人の夫と娘の3人家族。
心と体の健康、聖書日めくりカレンダー、自然食、街、ガーデニング、イベント、ハンドメイドクラフト、友人や家族のことなどを綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

ミシガン州の時間

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。